スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


グレーな雲が流れたらこの空が泣き止んだら
君の声で目を覚ますちょっと長めの眠りから

君はそっと見守ったこの背の翼飛び立つ季節を待って

『青い空を共に行こうよ白い砂浜を見下ろしながら
難しい話はいらない君が笑ってくれればいい』
そう言って僕に笑いかけた

言葉は必要なかった居場所はいつもここにあった

太陽が眩しいとつぶやきながら潤んでく瞳をごまかす

『青い空を共に行こうよどこへ辿り着くんだとしても
もしも傷を負ったその時は僕の翼を君にあげる』
そう言って君は少し泣いた

君はそっと見守ったこの背の翼飛び立つ季節を待って

『青い空を共に行こうよ白い砂浜を見下ろしながら
難しい話はいらない君が笑ってくれればいい』

『青い空を共に行こうよどこへ辿り着くんだとしても
もしも傷を負ったその時は僕の翼を君にあげる』
そう言って君は少し泣いた
こらえきれずに僕も泣いた
スポンサーサイト
プロフィール

Angelico

Author:Angelico



最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。